身体の体質は遺伝的な素因と環境要因との相互作用によって形成されるらしく、個々人が抱える悩める体質は食事、運動、服薬などの方法によって改善することが可能な場合も。そこで今回、みなさんに最も「改善したい体質」を選んでもらったところ以下のような結果になりました。


 2位に3,000票近くの大差で1位を獲得したのは《太りやすい》体質。例外を除けば、誰しも太りたくないもの。今年の6月、アメリカの電子ジャーナル「BMCパブリック・ヘルス」に掲載された調査論文によれば「人類の肥満化がアメリカ並みに進行すると限られた地球の食料資源に重大な脅威となる」とか。まさに肥満は地球人類最大の敵! 太り過ぎの人や肥満予備軍の人は、何とかして《太りやすい》体質を改善する必要がありそうです。…と言っても簡単に《太りやすい》体質の改善ができたり、痩せられたりするなら苦労はしません。巷には様々な《太りやすい》体質を改善する薬品や食品、グッズに溢れていますが、「しっかり運動して脂肪を燃焼させること」と「脂肪を溜め過ぎないように食事の量を制限すること」が重要らしく、結局のところは「食べ過ぎず」「運動もする」が最も正解に近そう。2位は《花粉症・アレルギー》体質。花粉症は、1819年にイギリスのJohn Bostock医師によってイネ科の花粉症を「枯草熱(Hay fever)」と診断され初めて世の中に登場し、日本においては1963年のブタクサ、1964年のスギによる症状の報告から世間に認識されたとか。《花粉症・アレルギー》の体質改善としては、様々な免疫低下に陥らないように「規則正しい生活をすること」が大事とされています。肉、卵、牛乳、加工食品、特に食品添加物などの花粉症の症状を悪化させやすい食材の摂取を控え、青魚、海藻類、野菜などアレルギー症状を抑え免疫機能を正常に維持するために必要な栄養素を含んだ食材を多く摂取するといった「食生活の改善」が効果的という報告もあります。その他としては《肩こり》《便秘》《お腹が弱い》などが上位にランク・インしています。
 あなたが最も改善したい体質は何位に入っていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:11263票
投票期間:2012/5/31〜6/13
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません