昨年以上に節電への関心が高まっている現在、今年の夏をどう乗り切るかが課題となりますが、テレビなどで人気の気象予報士・森田正光によると「今年の夏は普通に暑い」のだとか。そこで今回、みなさんに「夏になると恋しくなる食べ物といえば?」と聞いてみました。


 夏の定番の食べ物として最も票数を集めたのは《冷やし中華》でした。やや深めの皿に冷やした中華麺を盛って、細切りにしたキュウリやハム(またはチャーシュー)、錦糸卵、トマトなどを盛り付け、冷たく酸味の効いた醤油ベースのタレ、またはゴマダレをかけて食べる《冷やし中華》。中華料理屋などに「《冷やし中華》はじめました」ののれんや張り紙を見かけると夏の到来を感じる人も多いはず。シンガーソングお笑いタレント・AMEMIYAの名曲『冷やし中華はじめました』を思い浮かべてしまう…なんて人もいるのかも!?
 2位はシャリシャリとした触感の氷が冷たくおいしい《かき氷》。《かき氷》を食べると頭がキーンとするあの現象は、これまで静脈洞の血管が急激に冷やされたり温められたりするためと思われていましたが、このほど「Experimental Biology 2012」で発表された研究結果によると「冷たいものを摂取すると前大脳動脈の拡張が起こり、結果として痛みが生じる」らしく、学者たちはこの現象を“脳の自衛機能”ではないかと推測しているとか。《かき氷》頭痛にはこんな複雑なメカニズムがあったとは驚きです。
 続く3位は《スイカ》。ご存知の人もいると思いますが《スイカ》は農業上“野菜”に分類され、青果市場では“果実的野菜”として扱われていますが、季節外れの温室などで促成されたものは“果物”として流通されるとか。《スイカ》の成分には、利尿作用のほか身体を冷やす効果があり、まさに暑い夏にぴったりですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:14139票
投票期間:2012/5/29〜6/11
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません