年齢とともに顔や身体に変化が表れてくるのは自然なことですが、シミやシワといった、一般的には「嬉しくない」とされている変化もあります。そんな変化を緩やかにしたり抑えたりするのがエイジングケアですが、みんなは何歳から始めればよかったと思っているのでしょうか。


 得票数を最も多く集めた回答は《24歳〜27歳》、2位には《21歳〜23歳》がランク・インしており、20代のうちからエイジングケアを意識しておくべし、と考えている人が多数派であることがわかります。「老化」という言葉は20代にはまだ早すぎるように感じますが、医学的にみると人間の体は20歳前後で成熟し後は老化するだけ、と述べる研究者もいます。実際に基礎代謝は20歳を過ぎると徐々に低下していくというデータがあったり、肌の水分量は年齢とともに減少し続けるので20代で初めて「乾燥」を実感したり…と、最初の老化現象を経験するのが20代の頃なのかもしれません。最初の兆候を見逃さずまだ若いうちからエイジングケアをすることでその後の老化現象を穏やかなものにしたいという希望が、今回の調査結果に反映されているのかもしれませんね。
 《41歳〜45歳》という回答は9位にとどまっている結果からみると、40代になる前になんらかのエイジングケアを始めておくべき、と考えている人が非常に多いことがわかりますが、これは日本の国民性ということもできるかも。たとえばフランスでは、「若い」ということだけで評価が上がることはなく、会話がしっかりできるインテリジェンスやセンスを持っていることが女性としての魅力の大きな要素なのだそう。それに比べて日本では目に見える若さや美しさの影響力が強いそうで、エイジングケアについても「早くから始めなければダメ!」という意識が広く普及しているのかもしれません。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:7978票
投票期間:2012/5/28〜6/10
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません