長く生きていれば他の人に知られたくないことのひとつやふたつ位はできるもの。一人で気ままに暮らしているときは、こうしたことはプライベートな空間に持ち込んでしまえばあまり気にする必要もありませんでしたが、恋人や妻のようにプライベートな空間をともにする相手ができると、そう簡単にはいかなくなるものです。

 そんな「恋人(妻)に知られたらマズい!」と感じることの中でも、特に注意する人が多かったのは、《パソコンの中身》や《携帯電話・スマートフォンの中身》です。ありとあらゆる情報が集約されるパソコンや携帯電話・スマートフォンは、プライベートなデータの宝庫。扱いに慣れた人がチェックすれば、持ち主がどんなホームページを見ているのか、どんな動画を見ているのか、誰と交流しているのかなどのパーソナルデータがたちどころに分かってしまいます。もちろん、清く正しく使っていれば誰に見られても困ることはありませんが、そうはいかないのが悲しい男性のさがです。

 男性といえば女性に比べて見えっ張りな印象がありますが、それをよく現しているのが、3位にランク・インした《貯金額》でしょうか。老後の生活や一軒家・車の購入などを見据えて若いときからコツコツと貯金をしてきた人であれば、恋人や妻に「さあ見てくれ!」と通帳を開いてみせることも可能でしょう。しかし、何かと誘惑が多い現代において、そんなことができる男性はさほど多くないはず。「えっ、それだけしか貯金してないの?」と男性以上に経済観念のしっかりした女性に突っ込まれて、「男のプライド」とやらを粉々に打ち砕かれてしまうのが関の山ですよね。