人々の防災に関する意識がかつてないほど高まっている昨今。自宅に災害時用の食料を備蓄しているという人も多いのではないでしょうか。災害時用食料といってもいろいろとありますが、その重要性の高さから特に注目されているのが、栄養価の高さや調理いらずの手軽さが特徴の「お菓子」です。

 お菓子というのは必ずしも長期保存ができるものばかりではありませんが、「保存性がもっと高くなってくれたらぜひ保存食リストに入れておきたい」と人気を集めたのが、不二家の人気商品《カントリーマアム》です。外がサックリ、中がしっとりとした独特の食感に、たっぷりのチョコチップを混ぜ込んだボリュームが魅力の一品です。災害時の避難所生活が長期化した時には、お菓子を食べることでストレスが軽減されるという説がありますが、そんな時は《カントリーマアム》や《キットカット》、《オレオ》のような甘いものの方が、効き目がありそうな気がしますよね。

 甘くないお菓子で人気を集めたのは、カリカリとした食感が心地よい定番スナックの《じゃがりこ》。もともと「女子高生がかばんに入れて持って歩けるような製品を」というコンセプトで開発されたこともあり、容器のカップが災害時に持ち出しやすく邪魔にならないのがうれしいところですね。
 スナック系で人気が高いといえば《ポテトチップス》も忘れてはいけませんが、こちらは惜しくも4位にとどまりました。やはり食べやすさや携帯性の点で《じゃがりこ》に一歩譲ると感じた人が多かったのかもしれませんね。