誰かに恋をすると、ちょっとしたことで幸せな気持ちになったり、悲しい気持ちになったりと、いつもとは違う精神状態になってしまうものですが、これは行動についても当てはまります。

 そんな「好きな人が出来たときにしてしまう行動」として多くの人がやってしまうのは、《その人から送られてきたメールを後で何度も読み返す》ことでした。メールは家族や友人とのコミュニケーション手段として今や電話での会話以上に一般的になっていますが、保存しておけるメールは何度の読み返せるのも特徴の一つ。好意を持った相手からのメールは、自分に宛てたものだという事実だけでなんだかウキウキとした気持ちになってしまいますし、文面に何か特別なメッセージが込められているのではないかと、ついつい一言一句を見直してしまうものですよね。
 《携帯電話を肌身離さず持ち歩いてしまう》というのも、誰かを好きになったときにはよくある行動パターンです。携帯番号や携帯のメールアドレスの交換をしたということは、ある程度相手との距離が近いものになったことを意味しますが、好きになった側からはなかなか連絡しづらいもの。「ひょっとしたら電話がかかってくるかも」なんて淡い期待を抱いて連絡待ちモードになってしまうのは致し方ないところです。

 このほかにも《その人と話す機会が持てるよう策を練る》や《相性占いをしてしまう》などの行動がランク・インしていますが、普段であれば考えられないような行動を無意識のうちに取ってしまうあたり、やはり「恋」には何か特別なパワーがあるのかもしれませんね。