「七色の声を持つ男」として知られている声優・山寺宏一。アニメファンはもちろんですが、若い世代には朝の子ども向けバラエティ番組『おはスタ』のメイン司会者として、上の世代には数々の洋画で主演俳優の声をあてている人物として人気を集めており、日本を代表する声優の一人と言ってよいでしょう。

 彼が過去に担当したアニメや映画のキャラクターは膨大な数に上りますが、驚くべきはその数ではなく幅広さ。過去に声をあてたキャラクターを振り返ってみると、「七色の声を持つ男」の呼び名がいかにふさわしいものであるかがよく分かります。そんな彼が担当した役の中でも、「えっ、これもやっていたの?」と多くの人が驚いたのは、ディズニーの人気キャラクター《ドナルドダック》です。「アヒルが人間の言葉を話せたらきっとこんな感じなんだろうな」と思わせるしゃがれた独特の発声は、とても海外映画でブラッド・ピットやウィル・スミスの声をあてている声優によるものだとは信じられないですよね。
 続いて多かったのは、国民的人気アニメ『ルパン三世』で主人公ルパンを追い続ける《銭形警部》。ご存じのとおり、《銭形警部》役は2011年に長年にわたって担当した名声優・納谷悟朗から彼に担当が引き継がれています。納谷版銭形のイメージが強かっただけに交代を危惧する声もシリーズのファンからはあがりましたが、声優としての並外れた実力で、見事に《銭形警部》を演じきりました。

 ちなみに今回のランキングでは《めいけんチーズ》や《カバ夫》など、子ども向けアニメ『アンパンマン』のキャラクターが複数ランク・インしていますが、同番組ではこのほかにも多数のゲストキャラクターを彼が担当しているのだとか。いかに幅広い役をこなせる声優であるのかがよく分かりますよね。