過去に制作された作品を新たに作り直した「リメーク」が多い今春の連ドラ。そこで今回「これまでのリメーク作品でどれが好きだった?」とみなさんに聞いてみたところ、1位が《魔王》、2位が《美男ですね》、3位が《白い巨塔》という結果になりました。


 1位になった《魔王》は2008年にTBS系で放送された作品で、同名の韓国ドラマのリメーク。11年前に弟を殺害された弁護士の成瀬領大野智)が、現在は刑事になっている犯人の芹沢直人生田斗真)に復讐する…というシリアスな内容でしたが、「単なる復讐モノではなく、人間ドラマとしても奥深い」と人気を博しました。
 2位になった《美男ですね》は2011年にTBS系で放送された作品で、1位に引き続き韓国ドラマのリメーク。シスターになるため修道院で修行していた女の子が、歌手デビューが夢だった双子の兄になりかわって大人気バンドの新メンバーに加入することになるという内容で、女優の瀧本美織が主人公の桜庭美男(みお・兄)と美子(みこ・妹)の二役を演じました。
 そして3位には、医学界の知られざる実態と人間模様を描いた山崎豊子の小説が原作の《白い巨塔》がランク・イン。1966年に映画化され、その後もテレビドラマとして何度もリメークされている人気作品です。

 今回のランキングを見て、もう一度観たい作品が見つかった人もいるのでは。今週末は、家にこもってリメーク作品三昧…というのも悪くないですね。


調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:17321票
投票期間:2012/4/17〜4/24
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません