自分の性格の全てが好き、という人も中にはいるかもしれませんが、多くの人は自分の中になにかしらの「嫌いな部分」を抱えているのではないでしょうか。そこで今回は「直したい自分の性格」についてみなさんに聞いてみました。


 1位になったのは《面倒くさがり》という意見。得票数の高さが示すように「直したいと思っていても、なかなか直せない」性格の代表なのではないでしょうか。日常の些細な事を「面倒くさいから」と先送りにしていると、それが積もりに積もって「もっと面倒くさい」ことになる・・・と想像すれば、こまめに用事を片付けることができるようになるかもしれませんね。
 続いて2位になったのは《マイナス思考》という意見。《マイナス思考》に陥りがちな人というのは、自己評価が低いことも多いのではないでしょうか。朝起きたとき、そして夜寝る前の1日2回、自分の良いところを1つ見つけて褒めてあげる習慣を付けると、自己評価が向上し《マイナス思考》の改善にも繋がるといいますから、試してみる価値はありそうです。

 今回のランキングからは「自分の欠点を把握している人が多い」ということが分かります。しかし、「自分が思っていた自分」は「他人から見た自分」とは違っていた…ということも珍しくはありません。今回のランキングを参考に第三者の意見も交えつつ自分の性格を見つめなおしてみれば、新しい成長のヒントがつかめるかもしれませんね。


調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13947票
投票期間:2012/4/4〜4/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません