株式会社バルクが行った弁当持参率の調査によると、男女合わせて約6割以上の人が職場や学校にお弁当を持って行っているのだそう。健康ブームや節約志向の高まりで持参を始めた人もいそうですが、お弁当に一品付け足したいとき、あなたなら何を追加する?


 1位の《味噌汁》をはじめ、4位の《春雨スープ》、6位の《豚汁》など数多くの「汁もの」がランク・インするという結果になりました。スープ専用の保温容器の人気も高まっているようで、THERMOSの『真空断熱フードコンテナー』、ベルメゾンネットの『ステンレススープボトル』などさまざまなメーカーから多数販売されています。最近ではタンブラーをお弁当や汁ものの容器として活用する人も増えているそうですが、こちらはCanCamのモデル近藤しづかが火つけ役となり話題となっているのだとか。本来はドリンクの容器として使用するものですが、「簡単に作れる」「汁ものが入れられる」「荷物の邪魔にならない」との理由から多くの人に支持されているそうなので、興味がある人は試してみてはいかが?

 2位には《果物》が、3位には《サラダ》と、美容や健康を気遣っている人が好みそうな一品がランク・インしました。お弁当だけじゃ足りない時にプラスする一品。せっかく付け足すのならば、栄養バランスがとれるものをチョイスしたいですね。


調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:15069票
投票期間:2012/4/4 〜4/17
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません