小さなことに一喜一憂したり、ロマンチックな発想にとらわれてしまったり…と、恋愛中には自分の思考や言動を抑えきれないことがあります。一方で、他人の恋愛は冷静に見ることができるもの。では他人の恋愛を見ていて「若いな…」と感じるのはどんなとき?

 1位は《「運命」や「永遠」を信じている》。以前gooで行った「一緒であることに運命を感じることランキング」の1位には「誕生日が一緒」、2位には「趣味が一緒」が入っており、恋愛中にはちょっとした一致にも「運命」を感じてしまう人の多いことがわかります。恋愛に夢中になって《「運命」や「永遠」を信じている》人を見ると、「若いな…」と思う反面、ほほえましくも思えるのではないでしょうか。
 2位には《一日に何度もメールをやり取りする》、3位には《毎日のようにデートをする》がランク・イン。恋愛初期の頃は恋人との時間をほかの何よりも優先させたい気持ちがあるのは自然なことですが、付き合いが長くなるにつれてメールやデートの回数が減るというのもやはり自然なこと。「つぐみ恋愛相談所」の橘つぐみ先生によると、付き合いたての頃に感じている相手の魅力は、喉がカラカラの時に流し込むビールと同じだとか。ビールを何杯も飲むとお腹が満たされてそのうちビールに飽きてくるように、恋人との関係が深まるほど恋愛初期のように相手を必死で求めなくなり、メールやデートの回数も減っていく…ということを多くの恋愛経験者は知っているのでは。《一日に何度もメールをやり取りする》カップルを見ていると、「メールを頻繁にやりとりするのも今のうちだけ。若いな…」と大人の目線でみてしまうのではないでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:11625票
  投票期間:2012/3/23 〜4/5
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません