相手を必要以上に束縛したり、プレッシャーをかけたり…。そんな、相手にとって負担の大きい恋愛を「重い恋愛」と呼んだりしますが、あなたの恋愛は重い? それとも軽い?

 最も票を集めたのは《相手によるかな》という回答。恋愛は基本相手があって成り立つものなので、相手次第で重くも軽くもなる…と考える人が多いのは納得の結果です。ただし2位に《まぁまぁ重いほう》、3位に《相当重いほう》という回答がつけたところを見ると、恋愛が重くなる傾向にある人の方が多いといえそう。AllAboutの恋愛ガイド、島田佳奈さんによると「恋人に対して“重い”と感じる」具体例としては「メールの返事や連絡頻度を強要する」「『結婚前提』であることにこだわる」「何もかも『相手任せ』すぎる」などがあげられるのだそう。その恋愛が重いか軽いかを判断するのはあなたではなく相手なので、具体例としてあげられたことをやってしまっている人は「自分の恋愛、重いかも…!?」と疑ってみた方がよいかもしれません。
 重い恋愛の具体例としてあげられていることのひとつに「メールの返事や連絡頻度を強要する」がありますが、男女でメールの返信に関する意識は違うもの。gooランキングが以前行った「彼氏/彼女からメールの返事が来なかったらイラっとする時間ランキング」では、1位は男女ともに《その日中》ですが、男性は2位に《返事が来なくても気にならない》が入っているのに対し、女性の同回答はポイントも大きく下がり4位にランク・イン。メールの返信ひとつとっても男女や個人で感覚が違うので、自分の感覚を相手に押し付けないことが「重い恋愛」で引かれないためのコツといえそうです。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:14764票
  投票期間:2012/3/20 〜3/27
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません