2006年に映画《紀子の食卓》でデビューして以来、多方面で活躍を続ける個性派女優、吉高由里子。様々な顔を見せる彼女ですが、その魅力がわかる作品といえばズバリどれ?

 映画やドラマなどの出演作をおさえて、《トーク番組でのぞかせる素顔》が吉高の最高の魅力! と答えた人が最も多い結果となりました。スクリーンでもその“自然体”な演技に魅せられる人も多いと思いますが、トーク番組では彼女の気取らない存在感や個性的なキャラクターをよりリアルに見ることができます。2位には《美丘-君がいた日々-》がランク・イン。2010年夏に放送されたこのドラマで、ゴールデンタイムでの初主演を果たした吉高。初主演の話を聞かされたときには「不安やプレッシャーは本当に大きい」と感じたようですが、難病と闘う女子大生・美丘を見事に演じきりました。3位には「日本アカデミー賞 新人賞」や「ブルーリボン賞 新人賞」などその年の新人賞を数多く獲得し吉高の女優としての出世作にもなった《蛇にピアス》がランク・インしています。
 先月前篇が公開され、21日には後篇の公開が控える映画『僕等がいた』に出演中の吉高由里子。Twitterでは本人が頻繁につぶやいており、時にフォロワーのつぶやきに返事をすることもあるようなので、彼女のさらなる魅力を知りたい人はフォローしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:23780票
  投票期間:2012/3/11〜3/18
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません