本当に心に残る映画を観たあとは、その原作も読んでみたいと思うもの。映画とは展開や結末が異なっている小説も多く、そんなときは2倍楽しめた気がして嬉しいですよね。興味のある映画の原作小説ランキングの1位には、 リリー・フランキーの大ベストセラー《東京タワー オカンとボクと、時々、オトン》が選ばれました。
 演出家や小説家として有名な 久世光彦に「これは、ひらかなで書かれた聖書である」とまで評価された《東京タワー オカンとボクと、時々、オトン》は、 オダギリジョー主演の映画以外にもスペシャルドラマ、連続ドラマ、舞台としても再現されています。涙なしでは読むことのできないこの作品。まだ読んでいないという方には、ぜひともオススメしたい作品です。ミステリー作家として幅広い世代に人気の 東野圭吾作品は10位以内に《手紙》《変身》と2作品がランク・イン。彼の作品は他にも映画化されているものが多く、2005年以前には 『レイクサイド』(映画名は『レイクサイド マーダーケース』)や 『ゲームの名は誘拐』(映画名は『g@me.』)などが あります。映画『秘密』と『g@me.』には、原作者本人が一場面だけ出演しているのだとか。気になる方はぜひ、その登場シーンを探してみてくださいね。
 7位の《眉山》は歌手 さだまさしが書いた小説。眉山とは古くは万葉集にも詠われた四国徳島のシンボルで、眉毛のように見えることからその名がついたと言われています。第二子誕生を発表したばかりの 松嶋菜々子のスクリーン復活でも話題となりました。映画の中で重要なシーンとして使われているのが 阿波踊り。徳島はいま阿波踊りシーズン真っ只中。眉山の人気もあり、阿波踊りは例年以上にヒートアップしているようですよ。