日本で流行っている「血液型による性格診断」では、赤血球の持っている物質によって血液型を4つに分類する「ABO血液型」を使うのが一般的。この方法で分別された日本人の血液型の比率は、おおまかに表すとA型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割だそうです。では、日本人に最も少ない血液型であるAB型に対し、みんなが持っているイメージは一体どういうものなのでしょうか。

 1位になったのは《二面性がある》という意見。これは「A型とB型の両方の特徴を持っている」という漠然とした印象によるものかもしれません。実際に赤血球を調べると、A型の人の赤血球は「A型物質」を、B型の人の赤血球は「B型物質」を持っているのだそうです。どちらも持っていないとO型になり、肝心のAB型はというと、「両方持っている」のだとか。そう聞くとなんとなく納得したような気分になりますが、そもそも「ABO血液型」というのは数多くある血液の分類方法の1つでしかなく、赤血球の抗原によって分類する「Rh血液型」や、ヒト白血球抗原の型で分ける「HLA型」、血小板を参考にするものなど、一説によると約400もの分類方法があるそうです。

 このように血液型性格診断というのはあいまいなもの。《個性的》と言われて喜ぶAB型の人もいるかもしれませんが、《こだわりが強い》《気分屋》と言われると、人によっては嫌な気分になってしまうことがあるかもしれません。あくまでも「血液型性格診断は、科学的根拠のないものだ」ということを踏まえたうえで、楽しい遊びとして話題に出来ればいいですね。