学校や職場、趣味のサークルなどで誰かと仲良くなると、「じゃあ家に遊びに行っていい?」という話になるのはごく普通の流れ。そうして友人宅を訪れた時に、さりげなく家の中を観察していると「自分の家とは結構違うものだな」と気になることってよくありますよね。

 この友人宅を訪れた時に気になることとして挙げる人が最も多かったのは、《観葉植物が枯れたまま放置されている》でした。一人暮らしの男性宅ではあまり珍しくもない光景という気がしますが、目にしてしまうとつい「観葉植物の世話まで気が回らないほど忙しいのかな」、「面倒くさがりなんだろうか」などと考えてしまいます。このような家では《カレンダーが数ヶ月前のままになっている》や《洗濯物がいつも干しっぱなしになっている》などの光景を見かけることも少なくありませんが、いずれにしろあまり良い印象は抱かないですよね。

 この他にも、「虫に刺されるんじゃないか」と心配してしまう《網戸がないのに窓が全開になっている》や《ゴミ箱が置いていない》など、どうにも気になって仕方が無いものが数多くランク・インしていますが、実は自分も友人から同じように思われていたなんてことにならないよう、一度家の中をじっくり見直してみた方が良さそうですね。