声優の歌手活動自体は以前から行われてきましたが、近年ではこうした活動が一般メディアでも取り上げられる機会が増えています。特に購買力が高い男性ファンの支持を得ている女性声優に関しては、音楽チャートで名前を見かける事も珍しくなくなってきましたよね。

 そんな歌手活動をしている女性声優の中でも特に人気が高いのはやはり《水樹奈々》です。デビュー前にのど自慢大会の全国大会で優勝するほど少女時代から歌のうまさには定評があったそうですが、2004年にはシングル『innocent starter』でオリコンチャートのトップ10入りを果たすなど、デビュー後も歌手としての評価を積み重ね、2009年には歌手として『紅白歌合戦』への出場も果たしています。声優が歌手として『紅白歌合戦』へ出場するのは史上初の出来事であり、彼女の歌声がいかに多くの人に愛されているのかがよく分かりますね。
 この《水樹奈々》に迫る評価を得ているのが、《林原めぐみ》です。声優デビューが1986年というベテランで、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイから『スレイヤーズ』の元気な女魔道士リナ=インバースまで、幅広い役をこなせる実力派声優としてアニメファンからの評価が非常に高い人物です。歌手としての活動歴も長く、まだ声優の歌手活動が一般的ではなかった時代からレコード会社と専属契約を結んで曲をリリースするなど、草分け的な存在として知られています。

 このほかにも数多くのヒット曲を輩出した音楽ユニット「TWO-MIX」でボーカルを務めた《高山みなみ》や、近年では歌手としての活動の方で注目を浴びる事も多い《坂本真綾》などが上位にランク・インしましたが、いずれも歌手として一流の実力を備えている人物ばかり。さすがは声に関する仕事にしているだけのことはあると感心せずにはいられませんよね。