春は進学や就職で生活ががらりと変わりやすい季節。仲睦まじく見えたカップルに突然別れがきてしまうことも少なくないようです。結果にはなにかしらの原因がつきものですが、別れの原因を季節や環境のせいにしては恋愛に成長はありません。そこで今回は破局しやすいカップルにはどんな特徴があるのか調査してみました。

 1位は《金銭感覚に差がある》でした。愛は金銭感覚の差を埋めてくれないのでしょうか。せっかく入ったカフェで「なんだこれ、高すぎ」と不機嫌になったり、スーパーに出かけて選んだ特売品を「ケチ臭い」と言われてしまったり…。これでは楽しい食事にはなりませんよね。金銭感覚に違和感を覚えたら、ケンカになる前に冷静にお互いの隔たりをなくしていきたいものです。
 2位には《愛情に温度差がある》がランク・イン。本当にどちらかの愛情がないなら仕方のないことですが、愛情はあるのに言葉や態度で伝えるが億劫で勘違いさせてしまうパターンもあります。「言わなくても彼(彼女)ならわかってくれるはず」というのは自分の都合のいい解釈でしかありません。愛情は行動に移さないと相手には伝わらず、二人の距離はどんどん広がりつづけます。

 今回のランキングの男性編女性編を見比べてみると、男性編の4位に《彼女が完璧主義者》、女性編の3位に《彼氏が神経質》がランク・インしており、男女とも「相手が悪い」と思っているという傾向があるよう。ひょっとしたら、「問題を相手のせいにする」ことが破局を招く大きな要因なのかもしれません。