阪神電鉄阪急電鉄大阪市営地下鉄などが集中する西日本最大のターミナル梅田駅(JRでは大阪駅)。梅田駅を中心とする一帯は “キタ”の名称で親しまれており、難波を中心とする “ミナミ”と並び、大阪を代表する繁華街です。これからも三越の進出、JR大阪駅の改良など、注目を集めるエリアである梅田駅に通勤するときに便利な始発駅について調査したところ、《宝塚駅(兵庫県)》《千里中央駅(大阪府)》などが上位に入りました。
 「大阪(梅田)に勤務するとしたら住みたい始発駅ランキング」で1位を獲得したのは《宝塚駅(兵庫県)》。 宝塚歌劇団の大劇場があることでも知られる宝塚ですが、歌劇団や今は閉鎖されてしまった ファミリーランド(新温泉)は、明治・大正期に阪急電鉄の創設者 小林一三が鉄道利用者を増やすために生み出したもの。駅から劇場にいたる “花の道”はソメイヨシノや山吹などが植えられており、名所として知られています。高級住宅地として知られていますが、梅田方面だけでなく、西宮や奈良、有馬温泉などにもアクセスできる便利さが評価されたのかもしれません。
 2位の《千里中央駅(大阪府)》は、豊中市から吹田市にまたがる 千里ニュータウンのターミナル駅。駅周辺には百貨店やショッピングセンター、レジャーセンターなどが集まっていて、住環境が整っているのが人気の理由でしょうか。千里ニュータウン北部の玄関駅として知られる《北千里駅(大阪府)》も、5位と上位に着けました。4位の《高槻市駅》は、京都と大阪の中間に位置する駅。 大阪市営地下鉄堺筋線阪急京都線で相互運転を行う各駅停車の終点駅として知られており、始発駅では「座って乗れる」のが特徴です。