女性の社会進出がめざましい昨今。大勢の部下を抱えた女性管理職も、着実にその数を増やしています。そんな「上司になってほしい女性有名人」の第1位は、元宝塚のトップスター《天海祐希》でした。 『離婚弁護士』シリーズや 『トップキャスター』などのテレビドラマで、仕事のできるキャリアウーマンを好演していただけに、もし上司になったら“仕事には厳しいけれど頼りになる上司”として、グイグイと引っ張ってくれそうですよね。一方、彼女はトーク番組やバラエティーでフランクな一面も披露しており、 キリンお酒と生活文化研究所が2006年9月に行った意識調査では、“一緒にお酒を飲みたい女性上司”の3位にもランクインしています。
 2位に選ばれたのは、女優の《山口智子》。最近ではコマーシャルやドキュメンタリー番組に活躍の場を移していますが、テレビドラマを活動のメインにしていた時代には、“人間味あふれる姉御肌の女性”がはまり役でした。フランクなキャラクターという点では《天海祐希》と同じですが、《山口智子》の場合は、より身近なイメージが評価されているのではないでしょうか。人気コミック 『ショムニ』に登場するOLのリーダー的存在・坪井千夏を、それぞれ映画版とテレビドラマ版で演じた《高島礼子》と《江角マキコ》も、やはり“姉御肌の女性”という印象が強いようです。
 姉御と言えば忘れてはいけないのが、テレビドラマ 『anego』で主演を務めた7位の《篠原涼子》。飾り気の無いキャラクターで女性を中心に人気が高く、2007年に産能大学が行った調査では“新入社員からみた女性上司の理想像”の第1位に選ばれました。
ドラマ 『ハケンの品格』では、一見ぶっきらぼうながらも周囲への気配りを忘れず、卓越した仕事の能力で次々と問題を解決していくスーパー派遣社員の大前春子を演じた《篠原涼子》。人当たりが良いだけで使えない正社員より、彼女のような頼れる女性に上司になってほしいのかも知れません。