付き合っている彼女との“結婚”が頭をよぎるけれど、気になることもいくつかある。それでも最終的には妥協して彼女との結婚を決意する——。もしそんなシチュエーションに陥ったとしたら、みんなが妥協できるポイントはどこ?

 多くの人が「これは妥協してもいいかな」と答えたのは《学歴》。「高収入・高学歴・高身長」の“三高”が結婚相手に求める条件として提示されていた時代も今は昔。現在は「低姿勢・低リスク・低依存」の“三低”という言葉も飛び出し、女性が男性に求める結婚の条件は少しずつ変化をしてきています。女性にとっての《学歴》や《年収》という条件の重要度は時代を経るにつれて下がってきているようですが、男性も女性の《学歴》や《年収》にはこだわらない、という人が多いようです。一方「これは妥協できない!」と多くの人があげたのが《価値観の違い》や《金銭感覚の違い》。毎日を共に暮らすパートナーに共通の価値観を求めるのは自然なこと。gooランキングの「合わせておきたい、恋人との価値観は?」という調査では《お金の使い方》《食生活》《生活時間》などが上位にきており、結婚する前から普段の生活の中の習慣や考え方に大きな隔たりのない人を相手に選ぶ傾向が強いことがわかります。
 今回の調査では《全部妥協できない》が6位にランク・インしていますが、結婚しにくくなったといわれている今の時代。強すぎるこだわりは婚期を遅らせる結果につながることもあるので、「とにかく結婚がしたい!」という人はランキングも参考に、譲れるポイントと譲れないポイントを再整理してみたほうがよいのかもしれませんね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:6875票
  投票期間:2012/2/10〜2/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません