「天真爛漫」とは「飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま」という意味ですが、誰かの天真爛漫な姿は見ている人をほっこりさせてくれますよね。では、そんな天真爛漫な役が似合う俳優といえば?

 1万票以上の得票数で1位に選ばれたのは嵐の《相葉雅紀》でした。『天才!志村どうぶつ園』で動物たちと戯れる姿は天真爛漫そのもの。「子供達とすぐ友達になれそうな俳優」「笑顔が似合う俳優」「犬とじゃれて遊ぶのが似合う芸能人」など数々のランキングでも1位を獲得しており、芸能界一の天真爛漫な俳優と言っても過言ではないかも!? そんな《相葉雅紀》の誕生日はクリスマスイブ。ラジオ『レコメン!アラシリミックス』で語ったところによると、昨年の誕生日当日には熱を出して寝込んでしまったのだとか。「すげぇテンション上がってたのに…24日、熱出ちゃった」と語った《相葉雅紀》。気の毒といえば気の毒ですが、天真爛漫な《相葉雅紀》ならではのエピソードかも!?
 2位にはSMAPの《香取慎吾》がランク・インしました。SMAPでは最年少メンバーの《香取慎吾》ですが、30代になった今でもキラキラした瞳と明るい笑顔は変わらず、その天真爛漫さは健在と言えそう。1月からレギュラー番組となった『おじゃマップ』ではアンタッチャブルの山崎弘也と共に日本中の各地を訪問し、「決まっていることは一切なし!」という番組の方向性そのままにアドリブ満載の素顔を見せてくれています。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:29154票
  投票期間:2011/11/30〜1/6
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません