授業中や会議中に、眠気と戦った経験のある人は多いのではないでしょうか。やらなければいけない作業があるのに、眠くてはかどらない…。そんなとき、あなたはどんな方法で眠気をガマンしていますか?

    今回いちばん多く挙がった意見は《ガマンできない!》というものでした。確かに、眠気を我慢しながら勉強や作業をしても集中できませんし、思い切って寝てしまうのが一番なのかもしれません。しかし、それができない場合には《コーヒーを飲む》ことによって眠気を覚ます人が多いようです。温かいコーヒーを飲んだあと、覚醒作用のある「カフェイン」の血中濃度が最大になるまでには30分程度かかるので、《仮眠をとる》前にコーヒーを飲んでおくと、30分後にカフェインの効果ですっきり目覚めることができます。30分以上仮眠をとってしまうと、夜の睡眠に悪影響を及ぼすことがありますが、この方法ならその心配もありませんね。ただ、「カフェイン」には中毒性があるので、できればコーヒーは1日4杯以内にとどめたいところです。4位以降にあがった《自分をつねる》、《ガムをかむ》などの方法もあわせて活用しながら頑張りたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16026票
投票期間:2012/1/20〜2/2
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません