これまでの人生を振り返って「あの時こうしておけば」と思うことはよくありますが、社会に出た人々が振り返る事が多いのは、やはり大学時代ではないでしょうか。大学は小中高と比べて自分で使える時間が多く周囲から何かを制限される事もありませんが、それ故好きな事や楽な事に走り、つい無駄に時間を過ごしてしまいがちです。

 そんな大学生活での失敗として1位に選ばれたのは、《資格試験を受けない》でした。社会に出れば資格はさまざまな場面で役に立ってくれますが、試験に合格するための勉強時間はなかなか取れないもの。自由に使える時間が多い大学時代にしっかりと資格取得のための勉強をして試験に合格しておけば、就職の際にもいろいろと有利に働いたのではないかと考える人が多いのは無理もありませんね。
 続いて多かったのは、《決まった友達でつるむ》でした。大学は、所属するゼミやサークルなどを介してほかの大学や企業との交流をする機会が多く、人脈や見識を広げるチャンスに恵まれています。そんな恵まれた環境にいながら、一緒にいるのが気楽という理由で一部の仲間たちとばかりつるんでいるのは何とももったいない事です。

 一体何のために大学へ行ったのか聞きたくなるのは、《アルバイトばかりの生活》や《文化祭などのイベントに参加しない》でしょうか。家庭の事情でやむを得ずという事であれば話は別ですが、学生時代にしかできない事を体験することなく卒業してしまうというのはやはり残念ですよね。今現在大学に在籍している人やこれから大学へ入るという人は、後で後悔する事がないように、しっかりと大学生活を満喫しましょう!