映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』で容疑者の恋人・中原香織を演じた新垣結衣。CMやドラマ、映画に引っ張りだこの彼女が次に挑戦するのは4月スタートのドラマ『リーガル・ハイ』の新米弁護士・黛真知子役だそう。そこで今回は、今までの出演ドラマの中で一番好きだった作品を聞いてみました。

 1位に選ばれたのは《コード・ブルー-ドクターヘリ救急救命-》でした。2008年に1stシーズン、2010年に2ndシーズンが放送された人気ドラマで、新垣結衣はヒロイン・白石恵を熱演しました。ドクターヘリのフライトドクター候補生として生真面目ともいえる真剣さで困難に立ち向かう姿に共感を覚えた人も多かったのではないでしょうか。公式サイトのインタビューでは、1stシーズンでは大きな壁だった「白石恵」という役柄を2ndシーズンでは楽な気持ちで取り組めるようになった、と作品を通しての自身の成長を語りました。
 2位には昨年放送された月9ドラマ《全開ガール》がランク・イン。新垣結衣は年収100億円の国際弁護士を目指しながら、苦手な子どもの面倒を見ることになる新人弁護士・鮎川若菜を演じました。錦戸亮演じる“ダメ男”山田草太との掛け合いも絶妙で、テンポの良いやりとりは見ていて爽快でしたよね。僅差で3位に選ばれたのは《パパとムスメの7日間》でした。舘ひろし演じる「パパ」と入れ替わってしまう高校生・川原小梅を演じた新垣結衣。女子高生の姿でありながら不器用な「パパ」でもあるという難しい役をコミカルに演じて話題になりました。
 見ているだけで私たちを元気にしてくれる笑顔が印象的な新垣結衣。これからどんな役柄を演じてくれるのかますます楽しみですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:11401票
  投票期間:2011/1/8〜1/21
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません