束縛やお金の問題など恋人との別れの原因はさまざまあるとはいえ、誰にとっても別れの原因となりうる問題といえばやはり「浮気」ではないでしょうか。「好きなのに自分から恋人と別れてしまった理由ランキング」でも「浮気をしていた」が1位になっており、実際に浮気が原因で恋人と別れた人も多いことがわかります。最近、そんな恋人の浮気がバレる原因となっているのが携帯電話という場合も多いよう。今回はみんなの「携帯電話で浮気がバレたキッカケ」について聞いてみました。


 圧倒的な1位となったのは《浮気相手とやりとりしたメールを見られた》。一人一台携帯電話を所有するこの時代には、浮気相手とも携帯電話で連絡を取り合うのはごく自然な行動。ゆえにバレるきっかけも携帯メールから…というケースが多いことがわかります。しかしながら、携帯電話は個人情報のたくさん詰まったプライベートツール。たとえ恋人であっても他人の携帯メールを勝手にチェックするのは“NG”なので、浮気の有無に関わらず「メールを見られた」という時点で二人の信頼関係にヒビが入り、そこから別れ話へとつながる可能性は高いと言えるでしょう。
 《浮気相手への電話やメールを間違えて恋人にしてしまった》《浮気相手との電話での会話を聞かれた》という、まさに浮気の「現場」を押さえられてしまった場合はどんな言い訳もできません。一方で《メールにロックがかかっている理由を聞かれた》《電話に出ない理由を聞かれた》など間接的に探りを入れられた場合は、その時にどんな対応をするかで浮気がバレるかバレないかが決まりそう。ただしこの2つがランキング上位に入っていることから想像すると、その場をうまく切り抜けられる人は少ないのかもしれませんね。