1978年にデビューして以来、老若男女問わず多くの人から支持を得ている竹内まりや。昨年もCMソング『輝く女性よ!』を書き下ろしたり、芦田愛菜や松田聖子に楽曲を提供したりするなど精力的に活動しています。次々に心に残る名曲を生み出している竹内まりやのシングルの中で一番好きな曲を聞いてみました。

 失恋した相手を優しく元気づける曲《元気を出して》が1位に選ばれました。1984年に薬師丸ひろ子のアルバム『古今集』に提供した曲を1987年にアルバム『REQUEST』でセルフカバーし、翌年シングルカットされました。CHARA、徳永英明、JUJUら数々のアーティストがカバーしており、時代を経ても多くの人から愛される名曲となっています。
 2位には《駅》がランク・イン。偶然駅で見かけた昔の恋人にほろ苦い切なさがこみ上げる心情を歌った楽曲で、秋元康が初監督を務めて話題となった映画『グッバイ・ママ』の主題歌にもなりました。
 1月25 日には、2008年の朝ドラ『だんだん』の劇中歌となった『いのちの歌』をセルフカバーしてシングルCDとしてリリース。「ささやかすぎる日々の中に かけがえない喜びがある」と命の大切さと何気ない日々のありがたさを歌った一曲で、ドラマ『開拓者たち』の主題歌ともなり話題となりました。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施 
投票数:22297票
  投票期間:2011/12/3〜12/31
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません