だんだんと暖かくなる春休みに向けて、恋人や仲間と遊園地に行く計画を立てている人も多いのでは? 子供から大人まで楽しめる遊園地ですが、「これだけはどうしても怖くて無理!」というアトラクションは何か聞いてみました。

 《バンジージャンプ》や《ジェットコースター》、《フリーフォール》など体感型アトラクションを抑えて1位に選ばれたのは《お化け屋敷》でした。明るく賑やかな園内に暗くたたずむ《お化け屋敷》はその外観だけでも怖いもの。特に乗り物に乗らずに自分の足で進まないといけないタイプのものは勇気も必要ですし、恐怖感も倍増ですよね。全国各地の遊園地にある《お化け屋敷》ですが、富士急ハイランドの「超・戦慄迷宮」はその長さと怖さが話題になり、映画『戦慄迷宮3D』となって劇場公開されたほど。昨年7月には「最恐戦慄迷宮—禁断の旧病棟—」としてアトラクションがリニューアルオープンし、『戦慄迷宮3D』の清水崇監督が再びメガホンを取ってこのアトラクションを舞台に映画『ラビット・ホラー3D』が制作されました。撮影時にエキストラの人数が合わない…などの怪現象もあったのだとか。2月22日に『ラビット・ホラー3D』がDVDで発売されるので、足を運ぶのはちょっと…という人は、まずはDVDで体験してみては?
 2位には《バンジージャンプ》が選ばれました。命綱があるとはいえ、自分の足で踏み出すのは相当な勇気が必要ですよね。とはいえ、《バンジージャンプ》が怖い人にとって本当の勇気とは恋人や友達の前でも「無理なものは無理!」と言えることかも!? ハラハラドキドキするのが醍醐味でもある遊園地のアトラクション。あなたが「無理!」なものは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:15718票
  投票期間:2011/12/16〜12/29
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません