キャバクラ嬢、難病の女子大生、22世紀の学生、カジノで働く女、ロボットおたく——。これまでに様々な役柄を演じてきた吉高由里子。役柄にもっとも色濃く反映するのがそのキャラクターの職業ですが、これから吉高由里子にドラマで演じてもらうとしたらどんな職業の役が良いかを聞いてみました。

 1位に選ばれたのは《CA》でした。ぴしっと決まった髪型や制服で大空を舞台に活躍する《CA》は多くの人にとって憧れの存在です。彼女たちを登場人物にした作品も多く、古くは『スチュワーデス物語』から、『アテンションプリーズ』『CAとお呼びっ!』、映画『ハッピーフライト』まで数多くの“CAもの”が作られてきました。さらさらロングヘアーで小顔、笑顔が可愛らしい吉高由里子の《CA》姿を見てみたいという人も多いのではないでしょうか。制服姿はもちろんのこと、天然キャラと言われる吉高由里子がどんな《CA》を演じるのか想像するだけでもワクワクしてしまいますよね。2位にはやはり制服が魅力の《看護師》がランク・インしました。実は吉高由里子の転機は、4年前に事故で重症を負いICUに入ったことだとか。入院中に人に支えられていたことを実感したという彼女。もしも《看護師》を演じたらそのときの経験をもとに、よりいっそうリアルな演技を見せてくれそうです。
 この春公開予定の映画『僕等がいた』では7年間に渡って一人の男性を想い続ける女性を演じる吉高由里子。ドラマに映画に、これからどんな姿を見せてくれるのかますます楽しみですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:13029票
投票期間:2011/12/11〜12/24
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません