失恋って本当に辛いものですよね。悲しみをひきずっていると仕事や生活に支障が出てしまうことも多く、なるべく早く立ち直りたいものです。そこで「好きだった人を忘れるために有効な手段」について聞いてみたところ、1位が《次の恋をする》、2位が《連絡先を削除》、3位が《忙しくする》という結果になりました。

 1位になった《次の恋をする》という意見。やはり多くの人にとって新しい恋は失恋の特効薬のようです。ただ、失恋で判断力が鈍っているときに、焦って相手選びを間違えてしまうと、さらに傷を深めることになりかねません。なかなか相手が見つからなくても「次はもっといい人があらわれる」と自分に言い聞かせ、のんびりと待つことも時には必要です。続いて2位は《連絡先を削除》するという意見。携帯の連絡欄というのは頻繁に目に入るものですし、そのたびに相手を思い出していては前に進めません。《連絡先を削除》するというのは、煮え切らない自分と相手の関係を断ち切るには有効な手段と言えそうです。そして彼の思い出を頭の中から追い出すためにも、仕事に遊びにショッピングに…と、《忙しくする》のがいいのかも。楽しいことをして気を紛らわせているうちに、時間が心を癒してくれるのではないでしょうか。
 4位には《思いっきり泣く》という意見がランク・インしていました。涙にはストレスホルモン(ACTH)を体外に排出する役目があるので、悲しみを洗い流すのに有効な手段。後々ひきずらないためにも、一度はどっぷり悲しみに浸って泣くことが必要なのかもしれません。その上で、すっぱりと過去にサヨナラして、次の恋へ進めればよいですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:22202票
投票期間:2011/12/10〜12/23
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません