じめじめしとした梅雨。食べ物が傷みやすく食中毒が増えるこの時期には、冷蔵庫が大活躍。「冷蔵庫に入っていると安心できるもの」を調べたところ、《たまご》《牛乳》《マヨネーズ》など、毎日の食卓に欠かせない定番食材がランク・インしました。常備していると思い込んで冷蔵庫をのぞいたときにいつものあの食材がなくて作りたい料理が作れない! なんてこともありますよね。
 1位の《たまご》は、和食・洋食などメニューのジャンルに関わらず活躍してくれる万能食材。忙しい朝ごはんの時も、パンやご飯の主食に目玉焼きが一つ加わるだけで満足度の高い食事になります。2位は《牛乳》。牛乳もただ飲むだけでなく、コーヒーや紅茶に入れたり、料理に使ったりと出番の多い食材。あると安心というより冷蔵庫にないと困る食材といえるかもしれません。
 《たまご》と《牛乳》は、 男性のランキングでも 女性のランキングでもトップスリーに入っていますが、その他は男女で違いが見られました。男性のランキングで3位にランク・インしたのが《ビール》。家に帰ってホッと一息、という時にビールがないなんて! と思う男性が多いようです。また、5位の《氷》は、ウイスキーや焼酎をロックや水割りで飲むための必需品として冷凍庫に常備している人も多いのでは。一方、女性のランキングでは《マヨネーズ》《味噌》《ケチャップ》などの調味料が上位にランク・イン。台所に立って料理をするのは、まだまだ女性が多いようです。
 日本電機工業会が夏至の日を 「冷蔵庫の日」と定め、冷蔵庫の点検を呼びかけています。みなさんも冷蔵庫をきれいに掃除して、古くなった食材は捨てるなどしてみてはいかがでしょうか。近年省エネタイプの冷蔵庫がたくさん発売されているので、古い冷蔵庫から新しい冷蔵庫にすれば電気代がおトクになるケースもあるそうです。夏のボーナスで買うもののリストに、「冷蔵庫」を付け加えてみても良いかもしれませんね。