冬本番の寒さが続くこの季節。家に帰ったらできるだけ暖かくして過ごしたいものですが、電気料金を抑えるためにも 節電を意識した生活を送っているという人も多いのでは? 「暑い時はどんなに薄着になっても暑いけど、寒さなら着込めば何とかなる…」と、なるべく暖房器具は使わずにガマンすることもできますが、そうはいってもやはりこの時期に暖房は必要ですよね。そこで今回は自宅でよく使う電気式の暖房器具は何か聞いてみました。

 1位は《エアコン》。様々な家電の中でも《エアコン》の消費電力が大きく、寒いからとつけっぱなしにしてしまって予想以上に電気料金が高くついた……なんて経験をした人もいるのでは? とはいえ家に帰ったらまずは《エアコン》をつけてしまうという人は多いようで、《こたつ》派を大きく上回る結果になりました。消費電力は大きいですが、《エアコン》は広い部屋を暖めるには効果的なので上手な使い方をするのを心がけたいですね。
 最近は省エネ効果の高い《エアコン》もあるので、あまりに古いものを使っている場合は買い替えるのも手かも。たとえば三菱電機のルームエアコン「霧ヶ峰ムーブアイ」は、人の位置や床の温度、さらには体感温度をセンサーで感知して効率的に暖め、節電ボタン一つで簡単にエコ運転が可能。意外と知らないエコな機能が搭載されているものもあるので、最新の《エアコン》をチェックしてみてはいかがでしょうか。
 続く2位には昔ながらの《こたつ》がランク・イン。最近では丸型でかわいらしいデザインのものや、ヒーターが薄く《こたつ》を使わない時期でもスタイリッシュなテーブルとして使えるものなど、さまざまなものが出ています。イスと机にカバーをかけるハイタイプの《こたつ》もあり、フローリングの部屋でも《こたつ》で暖かく過ごすこともできるようになりました。《こたつ》で一家団らんを楽しみつつ節電に努める…というのもアリかもしれませんね。

 寒い冬はまだまだ続きますが、《エアコン》の設定温度を少し下げたり、窓に厚手のカーテンをかけたりと節電のためにできることは色々あります。賢く快適な節電ライフを送れるよう、「今さら…」なんて言わず、今日からできるちょっとした工夫をしてみてはいかがでしょうか。