男性にとって、自分に思いを寄せてくれる女性からの贈り物は何だってうれしいもの。最近はバレンタインデーにチョコレート以外のものをプレゼントするケースも多いため、「今年のバレンタインデーは何がもらえるのかな?」なんてドキドキしながら妄想を膨らませている男性も多いのではないでしょうか。

 しかし、普通であればもらってうれしいバレンタインデーのプレゼントでも、男性が「これだけは……」と顔を曇らせる物が無いわけではありません。その筆頭として挙げられたのが、昨年のランキングでも1位となった《お返しに困る大人数でまとめての義理チョコ》。これは職場などでよく見られるケースですが、ホワイトデーのお返しを考えるともらった側にはメリットがほとんどなく、家に帰って「ほら、チョコレートもらえたよ」と自慢をするくらいしか喜ぶポイントが無いのはつらい所です。
 こちらも昨年に引き続きの2位となった《手編みのマフラー/セーター》は、贈る女性の側からすれば「どうして? 愛情がこもっているのに!」と文句の一つも言いたくなる所ですよね。確かに男性の側から考えても手作りのプレゼントはうれしい所ですが、本命ではない女性からもらった場合はまた別の話。一編み一編みに込められた思いの重さに、どう応えればよいのか悩んでしまいます。

 この他、《自分の趣味ではない洋服》や《派手な柄のネクタイ》など、プレゼントする側のセンスが問われるプレゼントも扱いに困る男性は多いようです。チョコレートもプレゼントももらえない男性が多い事を考えるとぜいたくな話ではありますが、年に一度のバレンタインくらいは、素直に自分がよろこべるものがほしいですよね。