今日が良い日になるか悪い日になるかなんてことは誰にも分からないものです。でも、朝のちょっとした出来事一つで「ああ、今日はダメかも……」なんてブルーな気持ちになることはよくありますよね。

 そんな出来事の最たるものが、《寝坊した》です。寝坊によって遅刻をした場合にペナルティーを受けるのはもちろんですが、もし何とか間に合ったとしても、ロスした時間を取り戻そうと焦って忘れ物をしたり、到着後に良い精神状態で仕事や勉強に臨めなくなったりと、ろくな結果にならないことが多いものです。
 続いて多かったのは、《定期券を忘れたことに駅で気が付いた》ですが、こちらも1位同様に時間を大きくロスしてしまうのがつらいところです。
 現代ならではの出来事といえば、やはり3位の《携帯の電池が切れた》でしょうか。プライベートはもちろん、仕事でも欠かせないツールとなっている携帯電話が使えない状態になるのは何としても避けたいところですが、最近はバッテリー(電池)の消耗が激しいネットへの接続時間が増えていることもあり、いつの間にか切れていたという人も多いようです。救いは充電用の機器がコンビニエンスストアでも手軽に購入できることですが、「なぜ夜のうちに充電をしておかなかったのか……」と残念な気持ちになってしまうことには代わりがありません。

 このほかにも《ガムを踏んでしまった》や《ストッキングが伝線した》など、さまざまな出来事がランク・インしていますが、あまり小さなことを気にしていてはその日1日がつまらないものになってしまいます。もしブルーになる出来事に遭遇したら、「今日は良くないことが朝のうちに終わってしまった」と前向きに考えてみてはいかがでしょうか。