恋人との付き合いも長くなってきて色々なことを本音で話せるようになったのはいいけれど、思いがけないキツーイ一言に傷ついてしまったなんて経験をしたことがある人もいるのでは? 恋人から言われたのならまだ愛があるからいいけれど、「ちょっといいな」と思っていた相手に言われたらもう立ち直れない——。そんな風に女性が好きな人に言われてショックだったことについて聞いてみました。

 最も多くの女性が言われてショックだったのは《太ってる》というセリフ。たとえ「ちょっと太った? 痩せすぎより好きだけど。」と愛のある一言だったとしても、《太ってる》という事実を好きな人につきつけられてしまったらやっぱりショックですよね。「新しい自分になるために何したい?」という質問に対しても「ダイエットで魅力アップ」と答えた人が圧倒的に多かったように、日ごろからダイエットしなくては…と考えている人は多いはずですが、嫌なことはつい先延ばしにしてしまいがち。好きな人から《太ってる》と言われてしまったら、さすがにダイエットにも気合が入るかも!? 
 《部屋が汚い》《料理が下手》といったセリフも好きな人から言われるとかなり落ち込んでしまうセリフ。近年、『新・片づけ術「断捨離」』や『人生がときめく片づけの魔法』など、片づけに関する本がベストセラーになっており、「どうにか部屋を片付けたい!」と思っている人も多いのでは。そもそも捨てることが苦手な人が片づけも苦手という場合も多いので、「3秒や10秒といった短い時間でいるかいらないか決める」「他の人と一緒に片づけをしていらないと言ってもらう」など、ものを捨てる時にあれこれ悩む時間を減らすのが有効かもしれません。

 できれば《太ってる》《料理が下手》なんて彼氏の口から言わせないようにしたいですが、そんなキツーイ指摘をされてしまったら、それをステキな自分に変える良いきっかけにしたいもの。今年も残りわずかとなり、つい「来年こそは…」なんて思いがちですが、できれば今年のうちにチャレンジすると気持ちよく新年が迎えられそう。まずはチャレンジしたいことを宣言して14日間頑張ってみる「14daysチャレンジ!」をはじめてみるのもおススメです。今年のうちに「14daysチャレンジ!」のサイトで頑張りたいことを宣言して、好きな人を見返すきっかけにしてみては?