寒い日には体の芯から温まる料理が食べたくなりますよね。そんな料理の代表といえば、やはり”鍋”。今回「鍋にかかせない王道の具」についてアンケートをとったところ、圧倒的な得票数で《白菜》が1位となりました。

低カロリーでダイエット食としても優秀な《白菜》ですが、食物繊維が豊富に含まれているため整腸作用や大腸がんの予防食としても効果があるそうです。また、煮た《白菜》は、体のなかの余分な熱を冷ます効果があるということなので、風邪をひいて熱があるときにもオススメです。続いて2位には《豆腐》がランク・イン。こちらも単に低カロリーで美味しいだけでなく、更年期障害や骨粗しょう症を予防する効果のあるイソフラボン、血圧やコレステロールを抑制する効果のあるリノール酸、活性酸素を除去し、がんや生活習慣病予防に働くサボニンなど、体に良い成分がたっぷり含まれています。3位には《肉類》がランクイン。肉団子を作るときには、長いもをすり下ろして混ぜるとフワフワに、生姜を混ぜると体がホカホカになるので試してみては。
最近はたくさんの「変わり鍋の素」が発売されていますので、夕食に鍋が続いても飽きませんね。今日の鍋には何を入れて楽しみますか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数: 14204票
投票期間:2011/11/21〜12/4
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません