トイレに行きにくい状況での腹痛や尿意で冷や汗をかくというのは、誰しもが経験したことのあるピンチなのではないでしょうか。どうしても抜けられないとき以外でも、つい我慢してしまうこともありますよね。そこで今回はずばり「トイレを我慢してしまうシチュエーション」についてきいてみました。

 1位になったのは《映画鑑賞中》という意見でした。トイレに行けないわけではないけれど、できれば行きたくない…というシチュエーションの代表格のようです。「ストーリーが盛り上がっているときを避けて行きたい」と思っているうちに席を立つタイミングを失ってしまう人も多いのでは? 2位は《授業中》。同級生の目が気になる、テストに出るような重要な話を聞き逃してしまいそう、と人それぞれの理由がありそうですが、やはり《授業中》にトイレを我慢する人は多いことがわかります。そして3位が《電車・バスの中》。通勤や通学の途中で降りて遅刻するわけにもいかず、地獄を経験した人も多いのではないでしょうか。
 体に悪い、と分かっていても、つい繰り返してしまう「トイレの我慢」。しかしあまりにも我慢しすぎると病気のもとになりかねません。水分の摂取を計画的にする、水がいらないタイプの止瀉薬を持ち歩く、恥ずかしいと思う気持ちを捨ててみる、など自分にあった対策をして、毎日を快適に過ごしたいものですね。

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
投票数:16215票
投票期間:2011/11/11〜11/24
※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません