子育て中のパパ・ママにとって子どもは天使のような存在、ですが… 育児は初めての経験も多く、悩みも尽きません。「1歳児の育児で悩んでしまうこと」を調査したところ、《夜泣き》《急な発熱》《離乳食》など、子どもが小さい頃に特有の悩みがトップスリーに入りました。今回のランキングは男女で結果が大きく違ったことも特徴的。 男性のランキングでは《夜泣き》《発熱》が圧倒的に票を集めましたが、 女性のランキングでは《母乳・授乳》《皮膚のかぶれ》など多くの項目で高いポイントが集まりました。女性が子どもの細やかなところまで気にしている様子が見て取れます。
 “オムツが濡れている”“お腹がすいている”など、はっきりとした原因がないのに夜中に何度も起きて泣いてしまう《夜泣き》には苦労しているパパ・ママも多いはず。6ヶ月〜1歳半くらいになると、情緒が発達してきて「怖い」「不安」などの感情が出てきたり、昼間に興奮して脳が刺激され過ぎたりするのが原因だそう。対処法としては、疲れて夜に寝られるように「昼間に外で遊ばせる」などがよく挙げられますが、すべての子どもに対して有効というわけではないそうです。夜に子どもに泣かれると精神的にも体力的にも消耗してイライラとしてしまうことも多いですが、成長の過程の一つと考えて大らかに対処するのが一番だとか。本当に困った時は、医師に相談するなどして不安を取り除くことも必要です。
 子どもの成長は一人ひとり違っているので、必ずしも「これが正解!」という対処法がないのが子育ての難しいところ。ただ、少しでも知識があれば不安が軽減されることもあるので、パパ・ママになったら gooベビーをチェックしてみてはいかがですか?