せっかくの休みなのに、雨。なんだか出かける気分が…なんてこと、ありませんか? 特にこれからの梅雨のシーズンは、雨が続くと憂鬱になりがちですが、そんな時でも出かけても楽しめる場所があると嬉しいですね。そこで「雨の日に行ってみたい東京都内の屋内スポット」を調査したところ、《スパ・ラクーア》《大江戸温泉物語》などの温泉施設や《三鷹の森ジブリ美術館》《国立新美術館》といった美術館などが上位にランク・インしました。
 1位は《スパ・ラクーア》は、天然温泉が楽しめる「スパゾーン」をはじめ、男女で楽しめるサウナや休憩スペースでのんびりできる 「ヒーリング バーデ」、エステやマッサージ施設、レストランなどが完備されており、外に出るのが面倒な雨の日に長時間のんびりするには最適です。同じく、1位に選ばれたのは 「都内の人気美術館ランキング」でも1位になった《三鷹の森ジブリ美術館》。ジブリファンにはたまらない 『となりのトトロ』のねこバスや 『天空の城ラピュタ』のロボット兵などが展示されており、ジブリアニメの世界が広がる館内は大人も子どもも楽しめます。ただし、美術館窓口でのチケット販売はなく、完全予約制。 ローソンで事前に入場引換券を購入する必要があるので、早めに予約をすることがポイントです。続く3位はお台場にある《大江戸温泉物語》。ここでは、温泉の他に岩盤風呂や砂風呂、ゲルマニウム温浴などが楽しめるのが特徴です。また、皮膚の古い角質を魚がついばむことで肌をきれいにしてくれる 「ドクターフィッシュ・セラピー」を足湯で体験することができます。
 雨が降って人が少ない日こそ、人気スポットでゆったり過ごせば、満足度が高くなるかもしれません。