もうすぐ梅雨の時期がやってきます。じめじめとした空気と連日の雨で気分はどんより。せっかくのお休みにも、外出する気がなかなか起きないものですよね。この時期には、雨が風情をいっそうかき立てる花、「あじさい」を見に行ってみてはいかがでしょうか? 行ってみたい関東の有名あじさいスポットを調査したところ、《極楽寺》、《長谷寺》、《明月院》など鎌倉の寺院が上位にたくさん入りました。
 6月の鎌倉はあじさいがあちこちで美しく咲き誇り、たくさんの観光客でにぎわいます。特にランキング4位の《明月院》は別名 「あじさい寺」と呼ばれるほど、あじさいの名所として有名なスポットのひとつ。あじさいの時期には、見物客の長い行列ができるほどだとか。 長谷観音で知られる2位の《長谷寺》では、傾斜地を利用した「眺望散策路」の周辺に40種類以上約2,500株のあじさいが咲きそろい、 「アジサイの径(こみち)」として親しまれてします。周りにも多くのあじさいスポットがあるので、1日使って鎌倉あじさい散策をしてみるのもよいですね。混雑を避けたい方は、人気の場所を朝一で訪れるのがオススメです。
 3位の《箱根登山鉄道沿線》では、登山電車の車窓から約1万株ものあじさいを鑑賞することができます。夜には沿線の各ポイントでライトアップがされ、日中に見る花とはまた違った雰囲気を味わうことができるかもしれません。
 あじさい以外でも、花のきれいなスポットに興味がある方は、 東京都のハス・スイレンがきれいな公園で行ってみたいところランキングや、 東京都の菖蒲がきれいな公園で行ってみたいところランキングも、チェックしてみてください。