俳優、お笑い芸人やアーティストなど「メガネ」がトレードマークの有名人が活躍し、 「メガネブーム」と言われる昨今。最近ではメガネ=「知的」「オシャレ」というプラスの印象を与え、ファッションアイテムとしても重宝される存在のメガネ。今回「メガネを選ぶときに重視していること」を調査したところ、機能面よりも《フレームのデザイン》《価格が安い》ことが重要視されているという結果になりました。
 1位にランク・インしたのは《フレームのデザイン》。今やメガネは単に視力を矯正するだけのものではなく、ファッションを楽しむための小物になっています。目が悪い人に限らず、伊達メガネをファッションとして楽しむ若者が増えていることからも、1位が《フレームのデザイン》という結果には納得です。
 2位は《価格が安い》。フレームは人気ブランドで、レンズも薄く…など、こだわってしまうといくらでも高くなってしまうメガネ。そうでなくてもメガネはなかなか高価なものでしたが、最近は 「Zoff」 「Hatch」などの「フレーム+レンズで5,250円〜」というリーズナブルかつファッショナブルなメガネを提供するお店も増えています。価格が安ければ、気分や洋服に合わせたメガネを揃えやすくなります。
 3位の《フレーム・レンズが軽い》ことは、一日中メガネをかけなくてはならない人には重要なポイントです。誰しも疲れにくいメガネを使いたいもの。ただし、フレームだけ軽くしてしまうと、たとえメガネの総重量が軽くても、重く感じることがあるそうです。メガネの重さが鼻の部分だけにかからないように、フレームとレンズの組み合わせを考えることも大切ですね。