バブルを迎えた80年代は、日本の景気が上向きで数々のヒット商品が生まれた年代。当時子どもだった現在の30代以上の人にとっては懐かしい80年代の流行モノで、未だに話のネタにすると盛り上がるものはいったい何なのでしょうか。

 1位には《なめ猫》が選ばれました。暴走族風の身なりをした仔猫のキャラクター商品で、正式名称は「全日本暴猫連合なめんなよ」。頭にはちまきを巻いたり、サングラスをかけて革ジャンや学ランを着たりした仔猫の姿はかなり衝撃的で印象に残っている人は多いよう。仔猫の顔写真入り免許証風ブロマイドを持っていた人も多いのではないでしょうか。《なめ猫》をプロデュースしたのは様々なブームの仕掛け人として知られる津田覚。当時付き合いのあった彼女が部屋に忘れて行った人形の服にじゃれついている仔猫たちを見て、面白半分で着せてみたことが始まりだったのだそうです。立っているように見える「なめ猫」たちですが、実は座った状態で前足をあげているだけなのだとか。2位は《ビックリマンシール》でした。「懐かしのおまけ付お菓子といえば?」というランキングでも「ビックリマン」が選ばれており、そのおまけである《ビックリマンシール》は社会現象にまでなりました。レアなシールのコレクションを自慢したら今でも人気者になれること間違いなし!?
 思わず「あったあった!」と懐かしく思う商品が並んだ今回のランキング。今でも友達と話題になるものは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
  投票数:9818票
  投票期間:2011/10/18〜10/31
  ※この結果は科学的な統計にもとづくものではありません