何かに全力で打ち込んでいる女性の顔は非常に魅力的に見えるものですが、これはスポーツの世界においても同じこと。特に近年のスポーツ界では、10代の女性スポーツ選手に「今すぐタレントとしてデビューできるのでは?」と思ってしまうような魅力的な人が増えています。

 そんな中でも特に人気が高いのは、フィギュアスケートで活躍中の《村上佳菜子》。タレントの松浦亜弥に似ていることから「氷上のあやや」と呼ばれるキュートなルックスで、男性のみならず、女性からも「かわいい!」と人気の彼女。今シーズンはなかなか結果を出せていないようですが、2010年の世界ジュニア選手権で優勝を果たすなど、その実力は折り紙付きです。
 続いての人気は、福原愛の次を担う卓球界のホープ《石川佳純》。小学6年の時に出場した全日本卓球選手権の女子シングルスで3回戦に進出するなど、その才能は早くから注目を集めてきましたが、その後もインターハイ3連覇や全日本選手権ジュニア4連覇を成し遂げ、今年1月には全日本卓球選手権で史上4人目となる高校生での全日本女王に輝いています。

 このほかにもスピードスケートの《高木美帆》や野球の《吉田えり》など、上位の2人に負けず劣らずの魅力的な女性スポーツ選手がランク・インしていますが、みなルックスだけでなく実力的にも素晴らしいものを持った選手ばかり。彼女たちの今後の活躍に期待したいですね。