恋人がいないフリーの期間は男性のちょっとした行動に「もしかしてこれって私へのアプローチ!?」と過剰反応してしまいがち。恋が始まる予感にウキウキして、彼のことを少し意識し始めたにもかかわらず、すぐその彼に彼女ができたりして「あれ、私のこと好きじゃなかったの?」なんて拍子抜けしてしまったほろ苦い経験、みなさん一度はあるのでは? そこで今回は女性のみなさんが思わず「私に惚れてる?」と勘違いしてしまった男性の行動を聞いてみました。

 多くの女性が「惚れてる?」と勘違いした男性の行動は《マメにメールをしてくる》でした。雑誌やインターネットの恋愛特集ページでは異性に対するアプローチの手はじめとしてメールを使うパターンが数多く紹介されており、恋愛においてメールが重要な役どころを担っていると考えている人は多いよう。それだけに男性からマメにメールが来たり、何日も途切れずにメールが続いたりしていると「私に気があるのかも!?」と思ってしまうのも無理はないかもしれません。しかし男性が《マメにメールをしてくる》といっても、たまたまメールをする用件が重なっただけだったり、メールをいつ終わりにしてよいのかわからず気付いたらメールが続いていただけだったりというケースもあるので、あまり期待しすぎない方が良いのことも。
 次に多かったのは《恋人がいるかどうか聞いてくる》という行動。飲み会などで初めて会った男性や、久しぶりに再会した異性の友人などに「彼氏いるの?」と聞かれると、「もしかしたら私の事、気になってる?」と思いがちですが、男性としてはあくまでも“会話のネタ”として聞いている事が多いのだとか。

 一人で盛り上がって一人でヘコむ恋愛の勘違いの数々。あなたが経験した勘違いは何位にランク・インしていましたか?