お気楽な学生時代ならともかく、会社勤めをしていると多少体調が悪くなった程度ではなかなか上司や同僚に早退を切り出す事はできないもの。そんな時は、さりげなく体調が悪い事をアピールし、周囲の人たちから「大丈夫?」などと心配をしてもらうと話を切り出しやすくなりますよね。

 多くの人がこのようなケースでアピール方法として使っているのが、《小まめに咳をする》です。我慢をして静かにしていても周囲の人が気付いてくれることはありませんが、咳によって音を出す事で、「あれ? 風邪を引いているのかな」と気付いてもらいやすくなりますし、周囲の人から「ほかの人にうつらないように帰ったら?」と早退を勧めてもらえる可能性が高いため、有効な手段と言えます。
 同じく風邪をアピールする方法としては、《一日中マスクを装着》や《体温を計る》などもあります。こちらは早退を促してもらうきっかけとしてはやや弱めですが、周囲が体調を気遣ってくれるので負担の大きな作業を回避できるかも!?

 上位には、このほかにも《机に突っ伏してみる》、《両手で頭を抱えてじっとする》などの方法がランク・インしていますが、どうしても作業を切り上げて帰りたい時には、どれか1つだけではなく、複数の手段を組み合わせてみると可能性がグンとアップしそうです。