12月に入り今年も残すところあとわずかとなりました。年末というとクリスマスや大晦日といったビッグイベントに気を取られがちですが、忘れてはいけないのが“忘年会”。おいしい食事とおいしいお酒を堪能してイヤなことを忘れよう! というお祭り感満載の忘年会を楽しみにしている人も多いと思いますが、中には忘年会での出し物に頭を悩ませている人もいるのでは? そこで今回は「さすがにこれはもうやっちゃダメだろ!」と思うお笑いタレントの一発芸を聞いてみました。

 今年やったら完全にスベる! と思う人が一番多かったのは《波田陽区/ギター侍》でした。2004年に『エンタの神様』でブレイクを果たした波田陽区のギター侍。ブレイク当時は忘年会でギター侍を披露したという人も多いかもしれませんが、今年の忘年会でギター侍を披露したら会場が愛想笑いで包まれ、更には「もうそれ古いですから〜残念!!」と斬りかえされてしまう可能性もあるかもしれません。
 2位には《小島よしお/「そんなの関係ねぇ!」》がランク・イン。ブーメランパンツ一丁で「そんなの関係ねぇ!」と叫ぶこのギャグは、衣裳のきわどさがネックとなり素人がやるにはハードルが高いギャグ。2007年に実施されたオリコンランキングの「今年の忘年会、やるならこの一発芸」では堂々の1位に入っていましたが、ブレイクから4年、テレビ番組の出演は続いており一発屋として粘りは見せているものの、2011年の忘年会に小島よしおはNGなようです。

 昨年からの相次ぐネタ番組の終了により、一発芸を売りにしたお笑いタレントをめっきり見なくなってしまい「忘年会でやるネタがない!」と焦っている人も多いのでは? しかしあまりにもネタがないからといって過去に流行った一発芸を披露するのはやめておいた方が良いようです。“イヤなことを忘れる”為の忘年会でイヤな思い出を増やさないようにしたいものですね。