テレビドラマの世界において、もはや欠かせないジャンルの1つとなっている刑事ドラマ。人気が高いジャンルであるだけに、シリアスなものからコミカルなものまで、幅広いタイプの作品が制作されてきましたが、やはりポイントとなるのは作中に登場する刑事がどれだけ魅力的であるかです。

 近年放送された作品の中で「こんな刑事がいたらモテそう」と多くの人が感じているのは、今年2期目が放送されたばかりの『BOSS』で《竹野内豊が演じた合コン好きのエリート刑事「野立信次郎」》です。若くして警視正に上り詰める有能な警察官僚でありながら、軽いノリで周囲とも気さくに接する愛すべき人物で、天海祐希演じる主人公を陰に日向にとバックアップする姿に好感を持った人が多いようです。
 続いて人気が高かったのは、名作『踊る大捜査線』で《織田裕二が演じたとにかく熱い脱サラ刑事「青島俊作」》。「刑事ドラマに憧れて警察に転職した」という設定だけに、何事にも無駄に熱いのが特徴です。この手の猪突猛進型は実際に付き合うと苦労する事も多そうですが、自分が正しいと信じた事は上層部とぶつかってでも貫き通すその姿には胸を打たれますし、ついつい応援したくなってしまいますよね。

 この2人に負けず劣らずの人気を集めたのは、『ハンチョウ〜神南署安積班〜』シリーズで《佐々木蔵之介が演じた部下思いの刑事「安積剛志」》でした。「頼りなさそうに見えるが、周囲への思いやりにあふれ信頼は厚い」という人物設定は、人情派刑事ドラマではおなじみ。あくの強いキャラクターが顔をそろえた今回のランキングでは異色な印象もありますが、やはり現実的にモテるのはこういうタイプなのだということなのかもしれませんね。