バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』のレギュラーコーナーとしておなじみの「恋のかま騒ぎ」。明石家さんまの人気番組『恋のから騒ぎ』をパロディ化した同コーナーは、女性を装った男性お笑いタレントがテーマに沿って恋愛に関するトークを披露するという内容で、トークの面白さはもちろん出演する男性タレントたちの妙に力が入った女装でも注目を集めています。

 これまでに多くの男性タレントが同コーナーで女装を披露していますが、中でも「これは似合ってる!」と評価が高いのが、チュートリアルの《徳井義実》です。「吉本男前ランキング」で2003年から3年連続の1位を獲得して殿堂入りするなど、もともとルックスの良さには定評がありましたが、女装をしてもその良さが失われることはないようです。
 吉本きってのイケメンに続いたのは、番組のメインパーソナリティを勤めるナインティナインの《岡村隆史》でした。猿顔の代表的なお笑いタレントとして名前が挙がることも多い彼ですが、156cmの小柄な体格と愛嬌のある顔立ちで、女装した姿は思いのほか評価が高いようです。かま騒ぎのコーナーでの生き生きとした姿を見ると、本人も女装した自分にまんざらでもないのかもしれませんね。

 このほか上位には「吉本男前ランキング」の常連だった《加藤浩次》や、《徳井義実》と同じく殿堂入りを果たした次長課長の《井上聡》、品川庄司の《庄司智春》がランク・インしていますが、やはり女装に関してはイケメンであるかどうかが重要なポイントとなっているようです。