古くはAppleIIMacintosh、近年ではiPodiPhoneMacBook Airなど、魅力的な製品を次々と世に送り出してきた世界的人気メーカー、Apple(アップル)。今年8月には米国企業として初めて時価総額で世界一を達成するなど、デジタル家電業界において圧倒的な存在感を示しています。

 そんなAppleの製品が好きな理由を聞いてみた所、多くの人が挙げたのは《デザインがスタイリッシュ》でした。もともとAppleの製品は、ライバル製品に比べてデザインが優れているという理由で一部の先進的なユーザー層やデザイン業界関係者から支持されてきました。今回の結果を見ると、iPodのような一般層向けの製品が登場して以降、その魅力をより多くの人が知ることになったというのがよく分かりますよね。
 続いて挙げられたのは、ちょっと意外な《リンゴのロゴがかわいい》という理由。企業の認知度向上にロゴマークが思いの外大きな影響を与えていることはよく知られていますが、誰もが知っているリンゴをデザインしたAppleのブランドロゴは確かに印象に残りやすいですよね。「かわいい」という意味では、1998年まで使われていた虹色のラインが入ったデザインを推すファンも多いようですが、シンプルな現在のロゴもなかなか魅力的なのではないでしょうか。

 このほか《操作が簡単で使いやすい》や《ソフトウェアが優秀》など、インターフェース設計の素晴らしさを絶賛する声も多く聞かれた今回のランキング。このように多くのファンから愛されているAppleの製品が世界のデジタル家電市場を席巻する時代はまだまだ続きそうですね。