今では誰でも1足は持っているのが当たり前に感じるスニーカー。スポーツ用から日常のおしゃれ用、シンプルなものからカラフルなものまで様々なブランドからたくさんの商品が発売されています。興味のあるスニーカーのブランドを調査したところ、1位に《アディダス》が、2位に《ナイキ》がランク・イン。3位以下に大差をつける結果となりました。
 三本線のロゴと、楓のロゴが印象的な《アディダス》。定番の 『スーパースター』は幅広い世代に絶大な人気を誇っています。創業者である アドルフ・ダスラーは靴工房を運営した父の影響で、兄の ルドルフとともに靴製造の会社 「ダスラー兄弟商会」を設立しました。サッカーシューズや陸上用シューズなどを次々と開発し、多くのオリンピック参加者に愛用されるほどに成長します。ところがその後、兄弟の意見の対立によりダスラー社は解消。弟のアドルフは《アディダス》社を、兄ルドルフは6位にランク・インした《プーマ》社を設立しました。
 2位《ナイキ》の大ヒット作品といえば 『エアジョーダン』。NBAの新人にしてすでにスターだった マイケル・ジョーダンの愛用シューズとして「エア・ジョーダンI」が1985年に発売されて以来、新バージョンが次々と発表されました。「エアー(Air)」とは、驚異的なジャンプ力による滞空時間の長さからついた、ジョーダンの愛称でもあります。常に時代の最先端を行く印象の強い《ナイキ》。昨年はシューズに 「iPod nano」との連携機能を持たせ、距離やペース、消費カロリーなどを「iPod」に保存することができるという 「Nike+iPod スポーツキット」を発売し話題となりました。
 季節によって限定品が発売され、違うメーカーやブランドとのコラボレーションも楽しめる「スニーカー」。次の1足は、もう決めましたか?